クレンジングオイルで注意すること

メイク落としに欠かせないクレンジング剤ですが、汚れを洗い落とせる力が最も強力なものといえば、オイルクレンジングです。オイルクレンジングは洗浄力が強すぎることから、皮膚に本来必要な皮脂成分まで洗い流してしまいがちです。とはいえ、オイルクレンジングは肌にとってよくないものというわけではありません。余程の敏感肌、乾燥肌でなければ、必ずしもオイルクレンジングが肌荒れを引き起こすわけではありません。クレンジング時にどういった点に注意をしてオイルクレンジングを使えばいいのかを、知っておくことです。Tゾーンという、皮膚が強いところから、クレンジング剤をつけましょう。クレンジング剤をつける順序としては、皮膚の薄い目の周りや頬は最後にすることがポイントです。皮膚に負担をかけないためには、できるだけ短時間でクレンジングを済ませることです。そのためには、少し多めに感じるくらいの量のクレンジング剤を使いましょう。油分を含む汚れは、クレンジング剤の洗浄力で溶かして水に流すものであり、こすって落とすのは誤った方法です。そのためには多めにクレンジング剤を使い、指の腹を皮膚に乗せるようにしてクレンジング剤を伸ばしていきます。顔を洗う時の湯はぬるま湯を使います。熱すぎても、冷たすぎてもよくありません。適切な使い方をすれば、オイルクレンジングでも、肌への刺激を最小限に留めることができるのです。